スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

xbox360のHDDを換装すると言う事

早い事で、
拙者が去年の夏に宇宙最強次世代ゲーム機たるXbox360を購入してからもう1年3ヶ月が過ぎた。
拙者と箱○との間はもう何物も割って入れない程の熱い絆で結ばれており、
他のゲーム機のPS3は何回か「売りに出そう」と思った事が合ったが、
1年以上経過するxbox360は一度も売りに出そうと思った事は無い(マジで)

そんなxbox360だが、
2008年11月19日、それ即ち今日に今までで例を見なかった程の重大なアップグレードが行われる。
New Xbox Experience(以下NXE)と呼ばれるこの秋のアップデート、
知っている人にはとうにお馴染みだが、知らない人の為に説明するというと、

・今まででもそれなりに使いやすかったダッシュボードが更に使いやすく成る
・アバター機能の実装(要するにwiiのパクり)
・ゲームディスクのHDDへの取り込み(平たく言えばPS3のパクり)
・ライブパーティ機能(フレンドがどんなゲームをやってようと一緒にボイスチャットで喋りまくれる)
・新解像度(1440x900、1680x1050といった変態解像度)に対応


といったこれらの機能が実装されるようになる。
俺的にアバター機能なんざ眼中にねーしライブパーティ機能もふーんって程度の感想だが、
一番大きいのは「ゲームディスクをHDDに取り込む事が出来るようになる」と言う事だ。
これに尽きる。
と言う事はどういうことか。
xbox360のDVDをHDDの中に保存しちまえばあとは速攻で売る事が可能になれば良かったのだが、
実際はディスクの認証を都度行うわけでそーそー上手い話があるわけがない。
だが今まではゲームを行っている間は常にディスクからの読み出しが全開で、
ドライブはすげえ勢いでマジで全快で廻っていた。
それはもうほぼ常時だ。
それはそれはヤバイくらいうるさい。
どのくらいうるさいかというとマジでうるさい。
最近のちょっと静かな掃除機くらいうるさいと行っても過言では無い。
つまりゲームをやっている間、俺の隣で掃除機が常に全快で回っていると言う事になる。
これはもううるさすぎてゲームに集中なんざぁ出来たモンじゃない。
PS3の音をスウウウウウウンだとするならば、xbox360の音はブウウウウオオオオオオオアアアアアアアと言う事になる。
その音がPS3クラスのスウウウウウウウン程度になり、
更に尚かつ今まで激遅だったゲームのローディングも死ぬほど早くなると評判なのだ。
例えば去年の12月末に買ってちょっとやったのは良いけど、
戦闘始まるまで20秒ロード、戦闘終わってから8秒ロード、
マップ切り替えの度に8秒もしくは16秒ロードと、ちりも積もれば山となる。
僕はそんなローディング地獄ゲーに嫌気がさし全然進まないまま売っ払ってしまった。
が、そんなロスオデも結構早くなるのかも知れないらしい。
検証動画はここにあるわけだが、



見た感じ2秒ロードは0.5秒に、8秒ロードは5秒に、16秒ロードは9秒になったらしく、
戦闘始まるまでの20秒ほどのロードも12秒くらいに短縮されている。
ちりも積もれば山となるし、微妙に良ゲーになるかも知れない。
と、つまりこれほどまでの神アップデートは今まで類を見ないワケだ。
今まで類を見ず空前絶後の神アップデートと言い、それに備えるからには、
宇宙最強痴漢でお馴染みの某Bもそれなりの準備をしなければならない。
それなりの準備というのが、


DSC07374.jpg

xbox360の純正HDD20GBを120GBに換装しよう」というわけである。



DSC07376.jpg

しかしこーいうプラスチックのパッケージはカッコ良いけれどどうしてあんなにも開けにくいのか。
ユーザーフレンドリーもへったくれもありゃしない。
開ける時ケガしないかといつも冷や冷やである。
無理矢理あけるからケースは大抵の場合ボロボロになって売り払う事も出来なくなるわけなのである。



DSC07380.jpg

120GBっつー刻印がイカしてる。



DSC07382.jpg

この新品ですよシールを剥がし、



DSC07378.jpg

丁寧な取説に従い、



DSC07384.jpg

接続完了!



DSC07385.jpg

このカッケーディスクを用いて、



DSC07386.jpg

画面通り進め、



DSC07390.jpg

最大51分掛かるらしいが、



DSC07393.jpg

俺の場合HDDの中に10GB程度しか入ってなかったので25分で終わった。



DSC07395.jpg

今までありがとう20GBHDD



DSC07396.jpg

これからよろしくね120GBHDD。

そういった感じである。

HDDを20GBから120GBに換装して思った事は、



DSC07399.jpg

今まで20GBという極めてチマチマした中身から、
120GBに換装した事でこの通り目に見える形で余裕が出来た。
今まではゲームの体験版を保存しては消し保存しては消しの繰り返しで、
実はメディアインストールに備えて20GBHDDに保存されていたアイマスカタログを消しまくっていた。
勿論これはDLCとして落として居なかった分をだ。
地味に1ヶ月分500MBとかしやがったので容量圧迫以外の何物でもないわけで、
消しまくった時点でHDDを換装するという発想は微妙に無かったモンだったから
必要のないデモとか全部消しちゃって、9GB程度の空き容量は確保していたのだが、
120GBに換装するんなら別に残しといても良かったかなーみたいな。
そーゆーある種の心のゆとりみたいなのも生まれ、
やっぱ宇宙最強痴漢を自称するからには120GBHDDが発売した瞬間から買っておけばなーみたいな。
PS3みたいに自分で好きなHDDに容易に換装する事が出来れば
迷う事無く500GBに換装するのになーみたいな。

上では「HDDインストールはPS3のパクリ」みたいな事を書いたが、
厳密に言うならばPS3のパクリというわけではない。
PS3のインストール機能はディスクの一部をHDDに保存するだけなのだが、
xbox360はディスクの中身を丸々全部HDDに保存するわけなのであり、
どっちの方が速度向上効果が現れるのかは目に見えて明らかなのは言うまでもないのである。

つまり何が言いたいかというと、
xbox360を最大限有効活用する為にはディスクメディアインストールしかない。
これを有効活用することでローディングは死ぬほど早くなり、
更に尚かつ糞うるさくて発狂寸前だったドライブ動作音ともオサラバ出来る。
俺の場合14000円+ポイント10%還元でHDDを買ったわけだが、
これが「痛い出費」だったかというと断じてそうではない。
やはりHDDインストールが可能になるわけだし、
てゆーか内容量6倍アップだし、
いまだに20GBHDDを使い続けている化石共は速攻で換装をオススメするしか無いのであった!
オススメというかこれ以外の選択肢など有るはずが無いのだったとさ。

メディアインストールも可能になることで、
今まで音が原因で敬遠していた360アンチも余裕で入ってこられるようになる。
故障問題もすげえ勢いで改善されているし、
今月頭に新しいバリューパックが発売されたばかりだし、
何より「楽しめるゲーム」がPS3以上に揃っている。
つまり何が言いたいかというと、
正直まだxbox360を持って無いヤツは何考えてんの?と言えるわけであり、
こんなに楽しいからさっさと買えば良いのに馬鹿じゃね?とすら言えるわけである。
俺にここまで言われて悔しく思うのならば明日にでも3万くらいを握りしめてxbox360を買いに行こう!
こりゃあ本気でオススメだ!
スポンサーサイト

タグ : xbox360 HDD 120GB

【本気で】ダイソー945円ヘッドホンを考える

このブログでも最早すっかりお馴染みとなったダイソーイヤホン検証記事。
今まで俺は過去2回ダイソーイヤホンの紹介をしてきて、

840円カナル
http://somecro.blog87.fc2.com/blog-entry-286.html

315円(旧型)カナル
http://somecro.blog87.fc2.com/blog-entry-263.html

その度に「ダイソー525円イヤホンの完成度の高さは異常だからマジで騙されたと思って買え」
と訴え続けてきたわけだが、
今回そのダイソー525円最強イヤホンの牙城を崩すかも知れないと俺すら思ったと評判の、
ダイソー945円ヘッドホンが激烈デビューをしていた。
普段なら速攻で購入し速攻でレビューし速攻で使い捨てると評判の俺だが、
今回「945円」という値段は流石にミソでちょっと特攻はどうすっかと決めあぐねていた。
だが至る所で「さっさとダイソー945円記事書けやこの野郎」と比較的言われており、
拙者自身もダイソーイヤホンの集大成とも言えるかも知れないダイソーヘッドホンのデビューとあって、
一応それなりに気になっては居た。
そんな俺だったが今回ダイソーの945円ヘッドホンを勢いで買ってきてしまったので、
本日はそれのレビューを分かりやすく伝えていきたいと思う。
ダイソーで945円商品を買うのは流石に気が引けて困るという方の参考になれば幸いである。

では開始。



DSC07313.jpg

ダイソーのオーディオコーナーの一番目立つ所にダイソー945円ヘッドホンが並んでいる。
前はこの位置に840円カナルが合ったのだが、ダイソーヘッドホンに上座を奪われてしまった。
見ての通り密閉型とセミオープン型の2種類がある。
セミオープン型とは読んで字の如く半密閉型の事である。
説明すんのが面倒くせぇので裏側のパッケージを見て貰うと言うと、



DSC07326.jpg

密閉型と開放型の中間という位置づけであり、
やっすいゴミヘッドホンを少しでも良くする為とかに用いられている規格であったりする。
ちなみにダイソー最強525円イヤホンも半密閉型である。
ダイソーにおいてセミオープンタイプがどれだけ優れているかが上の一言で分かった事と思う。



DSC07314.jpg

ちなみに密閉型の謳い文句はこう。
製品仕様(スペック)はドライバーに無駄に40mmの大口径が使用されていたりする。
出力音圧レベルは密閉型が104dB、半密閉型が94dBとなっている
質量(重さ)は密閉型がコード含め135g、半密閉型が132gとなっている。

というわけで僕は



DSC07290.jpg

迷う事無くセミオープンタイプの945円ヘッドホンを買ってきたのであった。

実際密閉型のレビューは至る所に上がっている。
レビューではどれもこれも酷評されている。
だがセミオープンタイプのレビューはほぼ全くと言って良い程無い。
ならば俺が書いてみようじゃないか。
そう思ったのもあるっちゃある。
ぶっちゃけほとんどパーツ一緒だろうし密閉と半密閉かの違いだけだから、
あんまり過度な期待はしていなかったんですけどね。



DSC07297.jpg

取り出してみたの図



DSC07294.jpg

断線知らずの強固な布ケーブルな辺りはイカしてる。



DSC07298.jpg

このアルミの部分を伸ばして大きさを調整する感じだ。
方出しコードなのも取り回しが楽になりとても良い。



DSC07295.jpg

だがどうして接続端子は銀メッキなのか。
525イヤホンだの840カナルだのと言った名機は金メッキなのに、
どうして945ヘッドホンは銀メッキなのか。
ここが個人的にちょっとというか凄く残念な所。

というわけで気になるのはその音質。
最初にパッケージから出した瞬間の感想を僕なりにまとめてみる。
視聴環境は検聴用に最強に音を奏でてくれる最強高音質プレイヤーのiAudio7に直刺し。
視聴曲はいつも通り
「星空のspica」に「Puzzle」、「Melody!」や「MP05 TiM@Sリミックス」や「隣に・・・」などと言った、
当ブログヘッドホンレビューに使う毎度毎度お馴染みの曲である。
勿論曲は全部可逆圧縮のFLAC LV.0。
僕が持っている他のヘッドホン(HD595やSTAX、同価格帯ではMDR-XD100と)を総合的に比べ、
思った事を箇条書きで書いていきたい。

ファーストインプレッション
・最初に何の期待もせずつけてみた感想としては、
「おっ?これは同価格帯の各メーカー最低ランクヘッドホンと比べて それなりに良いんじゃないか?」
ということ
・中音域に若干の曇りとちょっと変なアコースティック感が感じられる。
・中音域が若干引っ込み声に艶や色っぽさは感じられない。
・というか1000円ヘッドホンで声にエロさを求める方がどうかしてる。
・高音に少し不自然さが感じられる。
・打ち込みを聞くならそれなりに鳴らしてくれるが、生音を聞くなら値段相応(つまりゴミ)だろう。
・シンバルのシャリシャリがすげえキツく聞いてられない。
・弦楽器の響きも感じられない。
・低音はそれなりに質感が綺麗。
・「スナオプリンセス」や「隣に・・・」にある管楽器がHD595並に心地よいとは言えないが、
 XD100(ソニーの実勢1500円くらいの最低ランクヘッドホン)と比べて純粋に良い感じ
・音の定位はそれなり
・耳のすぐそばじゃなくちょっと奥で鳴ってるって印象で決して中央ではない
・広がりはそれなり
・解像度はそれなり
・付け心地はそこそこ良い
耳をすっぽり包むという感じではなくあくまでも耳にのせるだけ
XDシリーズに感じられる暑苦しさは無い
耳当てのトコが布なので汗ばんだりしなさそう

最初に触った時の感想としては、全体的に「それなり」という感想が目立った。
ではこのダイソー945円半密閉型ヘッドホンは外れなのか?
そう問われると残念ながらそうではない。
何故ならこの感想はあくまでもファーストインプレッションで、
ヘッドホンやスピーカーと言った「曲を流す事で音が完成されて行くモノ」においては、
ファーストインプレッションの参考はちょっとくらいしかアテにならないのである。

このダイソーヘッドホンが完成するのはエージングを済ませた後。
拙者は個人的に今現在で80時間程延々と流しているが、
大体音を流してから10時間程度でダイソーヘッドホンは明らかに変化する。
ていうか10時間以降の変化は微妙なので、最低でも10時間は流してから判断して頂きたい。

エージングを済ませた後の音は
・中音域と高音域にかかっていたモヤがある程度解消されほど良く普通に聞けるだけの音質となる。
・声が奥だったのが前に出てくるようになった。
・高音のキツさも若干解消されこらまた聞きやすくなった。
・生音系を聞いたらその違いが明らかに分かる。高音の抜けが値段の割に良すぎる。

変わったのこれだけと言われればそれまでだが、
エージング前とエージング後の音のつくりは明らかに変わったと言わざるを得なかった。
開封直後は1000円出して1000円の音かって感じで、
我慢しても聞いていられない糞音質であると言っても過言では無かったが、
軽い気持ちでエージングをしてみたらその音が劇的に変わった。
エージング前は1000円で1000円の音という例えをしたが、
エージング後は1000円で5000円の音は出ているように感じる。
ダイソーイヤホンも2008ヘッドホンブックで数千円の価値があるイヤホンと紹介されたが、

DSC07328.jpg

オーディオのプロにそこまで言わせるダイソーイヤホンを正当進化させたようなダイソーヘッドホン。
これは間違い無く買いであると思った。

思ったから、



DSC07316.jpg

同じのをもう一個買ってきてしまった。



DSC07317.jpg

冗談抜きで。
我ながら馬鹿である。

まあ945円とヘッドホンとしては死ぬほど手に取りやすい価格帯でありながらも、
そこそこナイスなコストパフォーマンスを誇り結構良い音を鳴らしてくれるダイソーヘッドホン。
同じの2機有った方がエージング前とエージング後の変化の確認が明確に出来るというのもある。
この愚行により俺の説得力が倍に増すのである。

つまりまとめると、
・買った直後は値段相応であるが、エージングを10時間以上、50時間を越えたら音は完成する。
・完成した音は1000円のヘッドホンからとはとてもじゃないが思えない音。
・高音に特筆すべき良い所は無いが値段を考えると良く出ているし抜けるということ。
・女性ボーカルが目立つとかそういう感じではない。
・低音はホルンやトランペットやドラムの響きが良好。
・各メーカーの最低ランク(実勢3000円まで)のを使うくらいならダイソーヘッドホンを買えと。
・中位クラスとも張り合えるかも知れない。
・エージング前の曇りが消えると、メリハリのある良い音になる。
・間違い無く買い。密閉型は知らないけど半密閉型は誰がなんと言おうと買い。
であると言わざるを得ない。
1万円クラスのヘッドホンを所持しているブルジョアジーには「まあこんなもんか」程度で終わると思うが、
3000円クラスのヘッドホンを使っている貧乏人には感動間違い無しであると思う。
筆者も普段はもうちょっと良いヘッドホンを使っているわけだが素で「スゲェ」と思ってしまったくらいだ。
であるからして、買おうかどうか迷ってる人には間違い無くオススメ出来ると言わざるを得ないだろう。

945円という値段をどう取るか。
945円だったからこそ俺は意味も無く2基買ってしまったが、
これがこの音の割に高いか安いかで言えば安いと言えると思う。
密閉型は死んだ方が良い程ウンコらしいが、半密閉は俺ですら納得出来た。
ダイソー525円イヤフォンの完成度は異常であるが、
それを勝るとも劣らないダイソー945円ヘッドフォン。
本当にダイソーイヤホンがそのままヘッドホンになったという感じで、
イヤホンの良い所が更に良くなったという感じだ。
だがコストパフォーマンスで言えば恐らく525円であの音を奏でるイヤホンの方が上であると思う。
ダイソーイヤホンをストレス無く使っていてちょっと上を目指したい人には
945円のセミオープンタイプのヘッドホンを手に取ってみれば良いであろう。

まず間違い無く他のメーカーからは1000円でこんなにも素晴らしいヘッドホンは出せない。
他会社のゴミヘッドホンが良い例である。
つまり何が言いたいかというと、ダイソーイヤホンとダイソーヘッドホンの2強であると。
僕はそれを声を大にして言いたいから迷ってるんなら速攻で買いに行けば良いと思った。

あと買いに行く過程で思ったのは、
「そこそこ大きいダイソー」じゃないと945円ヘッドホンは取り扱っていないということ。
945円とか特殊過ぎてあんま売れないんでしょうね。
見つけたら即買いくらいで何店舗か廻ってみれば良いと思います。

ダイソーヘッドホンで素晴らしい音楽ライフを!
そしてそこから一気にステップアップしてHD595とかを買えば感動間違い無し!
オススメっだっ!!!!

タグ : ダイソー 945円 ヘッドホン 半密閉型 セミオープン

【福島県弁当業界全滅】貧乏人御用達宇宙最強280円弁当でお馴染みのかわちやが弁当の予約販売開始へ

DSC07231.jpg

無駄を一切極限まで省いてそこそこナイスなこの280円弁当シリーズ、
俺のワールドワイドウェブへの宣伝効果もあってすっげえ好調らしい。
http://somecro.exblog.jp/9306489/
http://somecro.exblog.jp/8809390/
前日までに電話一本入れれば大量数の注文も受け付けてくれるらしい。
これは正にイベントにぴったりであり秋の行楽シーズンに最強すね。
そのうち本気で仕出しとか始めそうな勢いだ。

たった280円でこんなに種類があるかわちや宇宙最強280円貧乏弁当シリーズ。
同じ弁当とで違う味のも合わせればこれに載ってるだけで25種類の弁当が予約出来る。
25種類の弁当総てが280円だから驚きだ。
ドンブリモノシリーズは好きくないのであんま食ってないが、
上半分の弁当シリーズは冗談抜きで総て制覇した。
個人的にやはりダントツのNo1人気と言われるハンバーグ弁当が一番おいしい。
次が鮭弁。
とんかつ弁当はトンカツの量が少ないようで多いようで普通。
ちなみに総菜コーナーではとんかつ1枚280円で売ってる。
弁当に入ってるとんかつはその半分だ。
という事はおかずのとんかつだけで弁当代280円の半分という事になるが、
一体この値段設定の何処で利益を上げているのか。
日替わりで変わるメイン総菜以外の煮物やサラダの量も申し訳程度で丁度良い。



PAP_6939.jpg

この間俺が質問しようとした「何処産の米を使っているのか」の答えであるが、
全国的に名高い会津産のコシヒカリの新米を贅沢に使用しているようだ。
こういっちゃアレだが本当に贅沢だ。
どこらへんが贅沢かというと全国にあるコンビニのセブンイレブンを比較対象に挙げるとする。
セブンの弁当やおにぎりは「フワっとした食感」とか言ってあんま米を入れず、
間に空気ばっか入れてて全然詰まってないが、
かわちやの弁当やおにぎりはそうじゃない。
ちゃんとぎっしり握ってあってボリュームも申し分ないのだ。

ちなみに米の詳しい産地まで聞くと大信村だとか。
冗談抜きで特にコレと言って何も無い良い村である。

ご飯と言えばかわちや280円おにぎりセット弁当もあなどれない。
そこそこナイスなサイズのおにぎり2個と総菜が入って280円。
このカタログこそ立派に見せようと思ってハンバーグだが、
俺調査では肉じゃがや焼き肉が多いような気がする。
でも肉じゃがも焼き肉も丁度良いおいしさだから日替わり弁当も外れが無いと言えよう。

一番上のカタログ上ではメンチカツ弁当や白身フライ弁当に何も掛かってないが、



PAP_6941.jpg

実物のメンチカツ弁当はこんなにもブルドック中濃ソースビダビダでメタボ一直線。
高コレステロール高血圧高カロリー全快で、
280円にしてこの量は驚異のコストパフォーマンスを誇る。



PAP_6940.jpg

白身フライ弁当のエスカベッシュ味って辺りがまたオサレな響きだが、
エスカベッシュとは何かググったところ
エスカベッシュ(仏 escabeche)
ワカサギなどの小魚を揚げて、香味野菜と一緒に白ワイン、
ワインヴィネガー、オリーブオイルにつけて冷製にした料理です。

らしい。
名前通りこんなにもオサレ。
たったの280円でオサレ気分に浸る事が出来るエスカベッシュ弁当も面白い。
面白いだけで味は正直微妙だったと言わざるを得ない。
つまりはまずいなあと。
こんなんなら醤油の小袋をつけてくれただけのほうがマシだわっていう。



この中で一番うまいのはハンバーグ。
280円ハンバーグ弁当のうまさはびっくりドンキーのレギュラーバーグディッシュ(490円)を軽く凌駕する。
対照的に一番まずいのはさんまフライ弁当。
まず何がいけないかっていうと小骨の量が凄すぎて食いにくい。
フライにしてある癖に骨がこらまた大きくて固くて喉に詰まる。
いっつもハンバーグ弁当はすぐ売れてさんまフライ弁当は夕方4時頃まで残ってる。
そんな印象。
俺が思うにかわちや280円宇宙最強貧乏弁当一番のダークホースはコロッケ弁当。
このコロッケの大きさがこらまた馬鹿でかい。
ビックリするくらい馬鹿でかい。
こんなのが280円で良いんすか?ってくらい馬鹿でかい。
画像を用意してないのでわかりにくいが馬鹿でかい。
しかもコロッケもソースビッダビダ。
メンチカツとコロッケの2強。
FWで言えばツートップ。
ほも弁のりのり祭なんか目じゃない。
こちとら常時280円。
トップ下ボランチの位置に居るのはから揚げ弁当。
かわちやのから揚げ弁当はこの世の奇跡。
まず何がヤバイかっていうとからあげのうまさがヤバイ。
レンジでチンの冷凍唐揚げを超越している。
総菜コーナーで5個120円の串が売っているのだが、
ハンバーグ弁当と唐揚げ串を組み合わせ400円とするのもささやかな贅沢。
であるからしてトップ下ボランチの位置はから揚げ弁当で間違い無いと思う。

ちなみにこれら280円弁当・ドンブリモノシリーズ以外に、
280円海鮮丼シリーズや280円手巻き寿司、280円寿司などもあるのだが、
生ものは予約出来ないみたい。
そりゃそーだ。

つまり何が言いたいかというと、福島県郡山市に存在するかわちやは最強であると。
是非近くに来た際は冗談抜きでかわちやの280円弁当を食ってみて欲しい。
俺なんか昼飯何食おうか迷った時は素直にかわちや280円弁当だ。
9時に店が開くのであるが9時頃行っても弁当はホント何も無い。
昼11時頃行くのが一番オススメであったかい弁当が並んでると言えよう。

つまり何が言いたいかというと、福島県郡山市にあるかわちやは最強スーパーであると。
そう言わざるを得ないのであった。
だからみんなもかわちやに行こう!
そろそろ本気でかわちやのおばちゃんに「宣伝ありがとね^^」とか言われそうでならない俺であった。

HDMIセレクタが届いた(^o^)ノ

先日はPS3はやっぱHDMIコネクタで接続した方が綺麗過ぎて死ぬという話をした。
話をしたのは良いのだが拙者の愛用液晶ことDELLの2407WFP REV.04AにはHDMIコネクタなどなく、
まともに使えるコネクタはDVI-DとアナログD-sub15pinコネクタだけという腐った液晶である。
というのは先日お話しした通りだ。

PS3とxbox360のアプコン具合を考える
http://somecro.blog87.fc2.com/blog-entry-291.html


ウンコがデルなので腐った液晶なのはわかりきっている事だが、
この液晶になんとかうまい事PS3を繋げる手段は無いものか・・・。
考えた俺が行き着いた先は、「あ、HDMIセレクタ使えばいいんじゃね?」という事だった。
というわけで特にググりもせずPLANEX 4ポートHDMIセレクタ HDMI-SW04Pをポチってしまった。
4コネクタ分も入力出来て一番安いからとこれをポチったのであるが、
価格.comによると悪評しか入っておらず評判は最悪。
なるほどそんな最悪なゴミデバイスこそ何も考えず突っ走る俺こと某Bに相応しいと思ったので、
何も考えず勢いでお急ぎ便でamazonから買ってしまった。
というわけで本日は、
宇宙最安HDMIセレクタことプラネックスのHDMI-SW04Pレビューといきたい所存である。



RIMG1632.jpg

4コネクタ入力切り替えも出来て公称1080pまで対応のHDMIセレクタ SW04P
今回はこれにPCとPS3を繋げてしまおうという考えである。
一応断っておくがPCからだとWUXGAサイズ(1920x1200)を出力したいので、
1080pまでだともしかしたら1920x1080までしか対応しない事態も考えられる。
まあ4000円だし博打だ博打って感じのかるーい考えでポチったのであった。

ちなみに値段はamazonで3980円。
これらのHDMIケーブルや変換ケーブルもまあ安い。
価格.comで酷評されている現場はこちらである。

http://bbs.kakaku.com/bbs/20722310086/



RIMG1634.jpg

開けてみるとこんなに小さくてこれで本当に動くのか?とすら思えてくる程小さい。



RIMG1635.jpg

どのくらい小さいかというとiPod classic1.5個分である。
厚さも丁度同じくらい。



RIMG1637.jpg

ちなみに箱の中には本体とリモコン、取説に保証書、DCアダプタが入っている。



RIMG1638.jpg

電源のアダプタもこんなにミニマムサイズで可愛い。



RIMG1641.jpg

というわけで俺愛用のグラボからDVI出力されているPCの映像を、
HDMIコネクタに変換して差し込むわけだが、



RIMG1643.jpg

この通りDVI→HDMI変換コネクタは結構場所取ってすぐ隣に差し込む事が出来ない。
HDMIケーブル保護ケースをあければ余裕だろうがそんな度胸俺には無い。



RIMG1645.jpg

しょーがないのでPS3のHDMIケーブルを4番目に刺し、
出力用のHDMI→DVI変換ケーブルも繋げ、電源も刺したのであった。



RIMG1646.jpg

LEDが光り起動を確認!



RIMG1647.jpg

ちゃんとPCからWUXGAで出力された!
仕様書やamazonにも最大1080pと書いてあったので、
WUXGAがちゃーんと出力されるのは嬉しい誤算である。



RIMG1648.jpg

ところでこの付属リモコンが超絶アルティメットミニマムサイズ。
どのくらい小さいかというとiAudioと同じくらい小さい。
俺の場合このくらい薄くこのくらい小さければすぐ紛失してしまう。
xbox360のコントローラーですらすぐどっかやっちまう俺ですので明日には無くしてそうで心配である。



RIMG1650.jpg

PS3側も問題無くちゃーんと出力される。
価格.comやamazonにあった「ブラックアウトしまくり」という現象は拙者は確認出来ず万々歳である。



RIMG1651.jpg



RIMG1655.jpg

これはもしかしたら問題無く結構クッキリハッキリしているのではないか。



RIMG1660.jpg

DVDのアプコン具合を確認しても、



RIMG1662.jpg

特にこれといったジャギーを感じる事もなく普通に綺麗に見れる。
俺の糞目にはこれで十分過ぎる。




RIMG1668.jpg

オマケ



RIMG1669.jpg

美希の乳首可愛い。

以上の事を踏まえ、価格やamazonで評価最悪だったと評判の
PLANEXのHDMI-SW04Pを俺が実際に買って思った事は、
「これは誰がなんと言おうと間違い無く買い」である代物であると言わざるを得ない。
俺のようにウンコがデルの24型付属DVIでなんとしてもPS3をHDMI接続したい、
でもPCもDVIで繋げたいという贅沢なユーザーには正にこれ以上の選択肢は無いであろう。
余計な付属品(例えばHDMIケーブルなど)を
一切排除した上でのamazon価格3980円というのは納得過ぎる。
正直HDMIセレクタなんぞ調べる前は1万近くすんだろーなーと思って敬遠していた俺だが、
いざ軽く調べてみたらなななんとこんなにも安く買えた。
とゆーか個人的にWUXGAもちゃんと出力されたのが大きすぎる。
セレクタ噛ませた後アニメを見てみても特に俺の目には違いも感じられず、
PS3で戦場のヴァルキュリアをプレイしても普通に綺麗に楽しめた。

出た当初はメーカーの糞対応と糞仕様のまま出荷していたらしいが、
発売から1年が経過しようとしている現在は普通に神掛かった性能となっているらしい。
ちゃーんとそーゆー糞仕様を今はある程度改善されているらしい。
であるからこそ俺は外れを引く事無くちゃんとしたセレクタをゲット出来たんだなーと思った。

付属リモコンも極めてシンプルでとても使いやすい。
余計な機能など何一つ無いミニマムサイズなリモコンは使っていてとても便利だ。
242WGの入力端子切り替えはリモコンで出来るらしく、
俺のウンコがデルではゲームをやる度に本体右下のボタンでいちいち切り替えをし、
ゲーム中PCで攻略サイトを見ようと思うとまた本体右下のボタンで切り替えてたわけだが、
この作業が今まで糞かったるくて糞しょうがなかった。
だがリモコン一発で切り替えが出来るっつーのは正直発狂するほど便利過ぎてチリバツである。
更に消費電力が極めて少ないのも常時PCの前にいる俺的にとてもありがたい。
計算したところ1ヶ月常時起動で電気代が79円と非常に手頃でユーザーフレンドリーである。
常につけっぱの俺としては非常にありがたいから常時起動も全然イケるだろう。
ブログ執筆現在12時間つけっぱなわけだが、
本体どこを触っても熱いとか感じるわけでもなくむしろ普通に冷たく動いてくれている。
熱暴走によるブラックアウトも今のところ心配する必要が無くナイスである。

と、今までは良い所を褒めちぎってきたが、
悪い所というか気になった所が無いかというとそういうわけでもない。
まずはこの糞安いセレクタにありがちな「遅延」である。
表示されるまでコンマ1秒くらい遅かったりする。
これは俺が検証用に、
とても分かりやすくデュアルディスプレイ両方で表示させながらPCを起動させた動画であるが、




これを見て貰えればHDMIセレクタを噛ませた方の液晶がちょーっとだけ表示遅いのが分かると思う。
例えばこの遅延はコンマ1秒を左右するFPSやTPSをネット対戦でプレイする際命取りとなるわけだが、
俺の場合TPSといったネット対戦は基本的にVGAプラグ直刺しのXbox360でプレイするわけで、
PS3では基本的に鯖が貧弱なのでネット対戦ゲームはあんまりやらない事かと思う。
あーんまやんないし、PCでもTPSやFPSは全くと言って良い程プレイしないので俺的に全く問題無い。
だがSW04Pを間に挟むことで本当にちょーっとだけ遅延が生じる事を念頭に置いて頂きたい。

ちょっとした遅延などちょっと気になった事もあったが、
全体的に3980円という非常に手頃でマジ安価で安すぎる事を考えれば完成度チリバツだ。
特に目に見える粗さやブラックアウトといった誤作動も無く、
拙者的に買って良かったと思っているし、
DVIコネクタやHDMIコネクタが1個しかないけどなんとしてもHDMIを複数接続したいんだけど
242WGや243WGといった複数のHDMI端子がある神液晶を買う余裕が無いという貧乏人にゃ
マジでこれ以外の考えられないんじゃねーかっつー位完成度が高い。
勿論HDMIオーディオも一緒に出力出来るといった高級品は他にたくさんあるが、
なんとしても4000円以下でHDMIセレクタを手に入れたいのならこれ以外選択肢が無いと思う。



RIMG1658.jpg

余計な機能を極限まで削り本体を薄くしスタイリッシュに仕上げたPLANEXのSW04P。
拙者はこの超絶アルティメットミニマムサイズのセレクタを液晶の真下に設置した。
LEDがちとまぶしいように感じるが全く気にならない範囲である。
この小さく場所を選ばない辺りもかなりイカしているし、
やっぱ俺はこのウンコがデル液晶で余裕でまだまだ戦っていけるなーって思った!
SW04P、
仕様書には書いてないがちゃーんとWUXGAで出力出来たりするしオススメだ!!!!!!!!!

タグ : HDMI PS3 セレクタ WUXGA

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。