スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺に学ぶブックオフの超最強な楽しみ方リターンズ

かなりの勢いで突然で恐縮だが、拙者はブックオフが大好きだ
ブックオフというか古本屋が好きだ
古本屋が好きと言うか漫画を安く買って読むのが好きだ
安く買うというか基本的に古本は100円台で買いたいというのが僕のポリシーだ
古本は105円のだしどんな菌がついてようと全く気にしないのだが、
それに反して新刊は知っての通り透明ブックカバーを付けたりしてかなり保護したりしている
この両極端な性格は正直異常なのではないかとたまに思ったりするが、
もうこの性格は直せそうも無いのでこのまま行く感じで良いのであろう

たまの休みにゃ市内に点在する数ヶ所のブックオフを周り、
105円の本で何か良いのがあったら迷わず買うのが趣味だし、月に50冊は余裕で買っちゃったりするし、
安いからと馬鹿みたいに買い集めるのは良いのだが全く読まなかったりしがちである
その結果際限なく本が増え続け、部屋のスペースが圧迫され続けているのは言うまでもない
また、増え続ける本のせいで、最近なぞは新刊を買ってきても本棚に並べる事が出来ず、
本当にどうすっかなコレマジで捨てるしかねーんじゃねえのと1人悩んでいたりする
消費する量に対して購入してくる量が本当に10倍くらい多かったりして、
いつ読み終えるか自分でも不明で、というか買ったのは良いけど読む時間が無かったりして、
漫画ヲタの風上にも置けないというのが腐った僕であるのは言うまでもないと言えよう

というわけで今日はエキサイトブログにも書いた通り、
いわき市に点在する4ヶ所のブックオフを全店舗制覇してきた
わざわざ古本屋巡りをする為だけに片道2時間掛けるのは酔狂以外の何物でもない
だが僕の夢は全国のブックオフ制覇であるので協力者並びにスポンサーを絶賛募集中である
まあそれはどうとして、地域密着型ブログを書き続ける某Bとしては、
福島県いわき市に来る事がもしあれば、
当記事のブックオフメモを参考にし是非とも各自適当にブックオフライフを愉しんで欲しい

結論から言うと、深夜4時に眠り朝8時に起き、
そっから片道2時間掛けて郡山からいわきに行く筈だったのだが、
どういうわけか僕が眠ったのは朝7時半で起きたのは昼の11時半だった
普段6時半頃に眠ると言う、完璧に生活リズムが崩壊している僕が3時だの4時だのに眠れる筈が無い
正午以降に起きたら諦めようと思っていたのだが、ぎりぎりで正午前に起きてしまったので
僕はヨッシャ行くかって感じで
自慢のカーナビに一番先の目的地ことブックオフ平店の電話番号を入力し、
意気揚々と出発したのであった



RIMG0543.jpg


ブックオフ平店についた
道中飯食ったりしたので本当に2時間くらい掛かった

滞在時間1時間(ウンコ込み)
素晴らしい
単純に欲しい本が105円でボチボチ見つかった



RIMG0544.jpg


特にこの通り週刊アスキーで大絶賛連載中のマイナー漫画「カオスだもんね!」が
ある程度350円で揃っている辺りも素敵だ
個人的にいい電子も揃っているともっと良いと思った

トイレは和式と至極残念
ウォシュレットで便座クリーナーもしくは便座シートが付いていれば個人的に満点だったのだが



DSC05241.jpg


色々加味して90点と言ったところか
かなり幸先の良いスタートと成った

次は平店に近い鹿島店



RIMG0548.jpg


に向かう途中にゲオが有ったので立ち寄ってみたら、
駐車場と山の間に意味深な紅い鳥居がなんかあったりした
コレが何を意味しているのかは僕にはよく分からなかった
某宗教団体対策では無い事を心より祈るばかりである



RIMG0550.jpg


ブックオフ鹿島店に到着
ちなみに平店との距離は4.7km

滞在時間1時間
まずその郡山には無いスケールの広さに圧倒された
郡山にも2階建ての店舗はあるが、おそらくその2倍くらい大きい
店内に入ると奥までぶわぁーっと並んだ本ホンほん!!
個人的に一番重視する105円棚が平店の2倍くらい有ったのが良い



RIMG0553.jpg


この通りタカマルが8巻まで105円で揃ってたのも地味に評価が高い



RIMG0554.jpg


皇国の守護者も全巻あった
僕は迷わず持ってない巻をチェケラしたのであった

またこの店舗は帯が付いている漫画が他の店舗と比べて比較的目立った
腐った他の店は漫画についている帯を全部捨てたりしがちだがこの店はそうではないらしい
僕のように帯のあるなしをかなり重視するキモヲタには最高の店舗だろう



DSC05242.jpg


ラノベコーナーでは西尾維新さんのが1冊だけ105円で発掘出来た
びんちょうタン1巻は初版帯付きカード付き350円だ
帯だけ欲しかったので何となく買った
最近ヨザクラカルテット1巻の初版帯付きを探しております
心当たりのある方からの情報お待ちしております



RIMG0552.jpg


何気にすぐ隣にWonderGooが有ったりする
白河店は古本は扱ってないがいわきは扱ってるそうなので入店
TSUTAYAやケータイショップ、コスメ用品とか何でも売っててとにかく広い
勿論新刊や雑誌もある
僕は迷うこと無く古本コーナーへ向かったのであった



RIMG0555.jpg


この店は値段の付け方が他とは違う
105円の小汚ぇコミックスもあったりするが、
それ以外は190円だの250円だの350円だの450円だのとマチマチである
人気の有る無しやアニメ化がどうたらによって値段が大きく変わるようだ
この通りこどものじかんが中古の癖に1冊500円で売っていてどうしようって思った



RIMG0556.jpg


ひぐらしも良い感じに揃っている
当たり前だが全部1冊450円くらいした
1冊190円なら全部買い揃えるところだったのに至極残念で成らない



RIMG0557.jpg


エマに至っては1冊550円とかした
新刊コーナーには勿論綺麗でビニール包装されたエマ全巻があった
誰が古本のこの値段で買うんだろうって思った



RIMG0562.jpg


個人的に1番納得が出来ないのが



RIMG0559.jpg




RIMG0560.jpg


コレである

誰がどう見てもひだまりスケッチなんかよりイチロー!の方が5万倍面白いと思うのだが、
価格差5倍とはどういう事か
ヤスさんの五日性滅亡シンドロームも良作であるのに僕は悲しい



RIMG0563.jpg


誰が買うんだよ



DSC05244.jpg


僕はコストパフォーマンスに優れた190円の漫画を1時間掛けて探し出し、
これら8冊の本を1冊190円で買った
個人的に一番の収穫は妄想少女オタク系である
恐らくワンダーグーで買った漫画は比較的早い時期に読むと思われる
つまりは新しく出たばっかでかなり気になってたけどブックオフで中々見ない漫画で安く買ったっつー感じだ
桐原いづみさん大好きである
個人的にかんなぎが有ればもっと良かったのに売ってすらなかった
非常に良い店だ
入った瞬間みっくみっくにしてやんよが店内中に糞うるさく流れてたのも笑えた
いわきはブックオフ鹿島店とワンダーグーが有れば1日潰せるだろう
時間の都合で合計2時間しか居れなかったのが至極残念で成らない



RIMG0571.jpg


次はブックオフいわき湯本店
滞在時間30分(ウンコ込み)

普通
全てにおいて普通で標準的ブックオフ
つーか105円の本が全体的にかなり日焼けしている
ブックオフの謳い文句は3ヶ月経ったら105円では無かったのか
まあぶっちゃけ郡山でも守ってる店舗は少ないけどさ
ここは1年くらいだしっぱで放置してもまだ105円にしないような印象を受けた
そして糞高かった大判コミックは全店が一律350円に成ったのでは無かったのか
いい電子7巻が550円で売っていて地味に悩んだ
350円だったら即買いだったのだが
とりあえずここはぐっと我慢することにした
トイレも和式だったし文句なし0点



DSC05245.jpg


と思ったら拙者も大絶賛愛読誌でお馴染みゲームサイドの連載「ゲーム職人」をまとめた本が
105円で売っていたので迷わずゲット
この本は2007年の11月に出たばかりと比較的新しいのである

それと田舎のブックオフにありがちな、ジャージ姿の地元の中学生とおぼしき男子が、
白泉社や双葉社などのエロマンガをギンギンに勃起しながら立ち読みしている姿を拝む事が出来た
恥ずかし気に周りをキョロキョロとしながら読んでいる姿は非常に貴重だ
間違ってもガン付けてはいかんぞ
誰しもが必ず通る道であるので微笑ましく見守るつもりで行こう
その点を加味しても良いとこ20点という感じか
そりゃあまああの面白い鹿島店と5kmしか離れてないからみんなそっち行くよなあって感じ



RIMG0574.jpg


最後は気がついたら新しくオープンしていたブックオフ植田店
滞在時間40分(ウンコ込み)
ちなみに湯本店から13kmくらいあってかなり遠い
福島県でも右下隅っこの方である
今までのブックオフの方は行った事が3~4回くらいあったが、植田店は初めてであった
至って普通
例えるならば郡山にある新さくら通り店みたいな感じ
ローカルすぎて他県の人にゃ全く理解出来ないのが残念で成らない
最初に行った平店と、次に行った鹿島店とワンダーグーが最強過ぎた
多分最初に植田店に来ていれば印象が変わったと思うが、
上記3店舗が死ぬほどチリバツ過ぎて植田の特筆すべき点が見つからない



DSC05246.jpg


こちらも昨年11月に出たばかりのカノジョは官能小説家の1巻が105円で見つかったのはまあまあか
超どうでも良くてマジ発狂しちまうくらいの余談で恐縮であるが、
拙者は昼に幸楽苑の290円の中華そばを食った
メン大盛り(105円)に、ネギは3人分(105円x3)トッピングするという酔狂なメニューだ
それ即ちネギ超大盛りであると言えるし、
んなことするくらいなら290円ラーメンを2つ頼んだ方が安いし腹も膨れると言えよう
だが拙者はネギを食いたかった
食いたくて食いたくて食わないと死ぬという状況まで陥った
我慢しきれずネギを3人分ラーメンに乗っけて食った
そしたら案の定下痢になり地獄を見た
この店舗でも例外なく糞を出す為トイレに入ったのだが、
新しく出来たばかりの癖に和式だ
それでいて紙がギリギリでヤバイ量しかなく、
花粉症対策で常時持参しているポケットティッシュで事なきを得たのであるが、
次の人が死ぬほど困るのは容易に想像できた
困った挙げ句前の僕のように、トイレ洗浄用除菌ペーパー等でケツを拭き、
本当に地獄を見て発狂する可哀相な被害者が出るかも知れない
僕はそれを未然に防がないと成らないと思ったし、最後に紙を使い切った人の義務だと思ったので、
ウンコを済ませ速攻で商品を精算し、
『大変申し訳ないんすけどトイレの紙が無くてですね。
 すぐ補充した方がよろしいかと思われます』
とか言った
そうしたら死ぬほど感謝されてしまった
店員に報告というのは最後に使い切った人の責務であると思ったのだが、
ここまで感謝されては気分が悪い
『いや最後に使ったのは俺なんで、ていうか2回入ったんで』
この店ではトイレに2回駆け込んだ
実は1回目の時点ではまだ余裕が有ったのだ
2回に分けて俺が使い切ったので誰が悪いかは明白だ
貴様等も店などでトイレットペーパーを使い切る事があれば店員に言わないと地獄に堕ちるゾ!

総評としては非常に楽しめた
特に鹿島店とワンダーグーが最強過ぎた
ワンダーグーは今まで入った事が無く存在自体覚えていなかったので
正直ぶっちゃけ想定外でかなり楽しめたと言えよう
出発から帰宅まで全行程11時間
そのうち運転は5時間くらいだ
久しぶりの長距離ドライブはかなり疲れた
が、かなり心身ともに超絶リフレッシュ出来たし、
漫画も大量に仕入れる事が出来た
これでゴールデンウィークも乗り切れるというモノだ
たまには長距離ドライブも悪くはない
目的が古本屋巡りというのが実に僕らしくて良いと思う
いわき市の全店舗を制覇した僕が言うには
『鹿島店とWonderGooだけ行っとけ』
そんな感じである
ぶっちゃけいわきのそれ以外は行かなくて良いなーって思った
この2店舗はまた是非とも来年辺り行きたい感じであり、
つまり何が言いたいかというと
みんなも僕のように思い思いのブックオフライフを堪能してネ!って感じみたいな
そんな感じみたいな

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

呂布子1巻の感想が是非とも聞いてみたいので
そのうちどこかでチラッと書いてみたりしてください。

>>1
何故その当たり障りのないコメントで管理人のみ閲覧なのかが良く分かりませんでした
拙者的に一番後悔するのが
「1巻だけ試しに105円で買ってみたらチリバツではまり、続巻は新刊で買う」という事がありがちだから困ります
そうするとどうなるかというと1巻だけ帯が無く、
今のヨザクラカルテットやクロスブレイドみたいな状況になってしまうのです
これは微妙に困ります
よつばともそうなのです
困りましたね
困ります

>>2
どこかでちらっとってエキサイトしか無いと思うのです
拙者としてもオッサンのブログで存在を知り、
気になったので買ってみたという感じなのです
その点では感謝しております
そうですね
ワンダーグーで買った漫画は比較的早い時期に読むと思うので
まあエキサイトに書くんじゃないでしょうかね

そもそもブックオフが駐車場完備ってとこに憧れるわ
神奈川住まいの俺としては古本屋風情が駐車場を伴ってデンと構えてるのがすげえと思ったり

後、アナル関連のネタは極力控えたほうがいいと思います。痔の人が自分の菊門の状況を思い出して憂鬱になると思うので。トイレットペーパーでさえ鮮血がつくのに除菌ティッシュとかなんなの?拷問なの?

なんか栃木の方行ったら無駄にコンビニとかの駐車場が広かったの思い出した

ブックオフへの誠の愛を感じる。
提灯記事を協賛雑誌の見開きまるまるつかわせてもらって書いて
その御恩として功徳の光を直に受けられるのも遠くないかな。あなたがね!
あと今日私のお昼はきっとネギを多く消費するでしょう。
しかしブックオフの外観は本当に下品だね!

>>ゲームセンター名無し氏
アナル関連のネタ云々はどうとして、
拙者のキャラクター設定がウンコとは切っても切れない関係という事になっておりまして、
そのことは以前から何万回もブログに書いていたりしがちです
ですので今更俺からウンコ関連のネタを排除しなさいというのは至極無理な事であり無駄な事であるので
おもしろおかしく笑って読むくらいの心の広さが大事である

>>水無月純氏
貴様等関東住まいの二人は東北地方を馬鹿にしすぎである
拙者の家から車で3分のセブンも駐車場が無駄に広かったりしがちだ
なんでこんなに必要なんだよってくらい駐車場がだだっぴろかったりする
きっと関東と違い過疎地は車が必需品なので
自ずとそうなったのであろう

>>池沼妹氏
超どうでも良いのであるがFC2ブログでもそのようなサービスがまあ絶賛開始中である
企業から金を貰ってその製品なりなんなりのマンセー記事をブログに書くという
僕はそのような愚行をブログ上で働く気は無い
自分が良いと思ったモノだけネタにするし
糞だしゴミだし取り上げる価値はねぇと思ったら酷評する
つまりはそう言う事である
だが雑誌など紙媒体から依頼があれば話は別である
是非その話を持ってきてくれる方を大絶賛好評募集中なのである

ところで拙者、幸楽苑で食ったネギが忘れられず、
家でも今日(昨日)ネギを細長く白髪ネギにして食ってみたところ糞苦くてはき出しそうになってしまった
大量に切ってしまったのに一口でおなかいっぱいだ
何がおかしいのかと思ってググったら、
水につける時間が圧倒的に足りなかったみたいだ
次からは精進したい所存である

ご無沙汰しておりました!

古本屋巡りって楽しいですよね~
ものっそいショボい古本屋で
はいぱーあんな4冊が全部100円で売ってるのを見た時はびっくりしたw
当然速攻買いでw
他の品揃えはダメダメでしたけどw その店w

そう言えば最近行ってないな~
今度お金に余裕ができたら行ってみようかな

高い古本買うぐらいだったら新刊で買いますよねw

お待ちしておりました!
とか言いながらレスを極限まで遅らすこの調子コキ仕様
申し訳ありません
ですが何の音沙汰もなく突然長いことご無沙汰であったので
1週間や8日のタイムラグくらい大目に見て下されば至極幸いでございます

たかまれタカマルでお馴染み近藤るるる氏
はいぱーあんなや天からトルテが注目されたりしがちだが、
拙者的に隠れた名作は黒蘭だと考える
全部で6巻で構成される江戸女剣士活劇
最強である
ブックオフ105円で比較的容易に見つかると思うのでこちらも是非チェケラして頂きたい所存だ

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。