スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MACRO 50mm F2.8 EX DG買った(^o^)ノ

つい9日程前の記事で、Canonが誇る最強初心者機のEOS Kiss X2を買ったと書いたばかりだが、
http://somecro.blog87.fc2.com/blog-entry-316.html
知っての通り福島県郡山市では定額給付金が支給され、若干財布がホクホクになった俺は、
それはもう迷う事無く全額+αを欲しいと思っていたマクロレンズに突っ込んだ。
そうなのだ。純正レンズキットのレンズでは、接写能力に限界があり、
俺ってば接写に写真の魅力を見出すし、ていうかフィギュアは近づいて撮ってナンボだし、
とにかく接写が総てなのでやっぱりマクロレンズを買うという選択肢以外有り得なかった。
純正レンズでもクローズアップレンズを取り付ければ、
それなりに近づいて撮れるという話らしいが、作例を見た俺的に、
やっぱ接写マクロレンズで撮らないとありえねーなと思った。
思った俺は、表題の通りSIGMAのMACRO 50mm F2.8 EX DG(以下Sigma 50mm macro)を買った。
と言う訳で今日はその報告をさせて頂く所存である。

尚公式サイトはコチラ
http://www.sigma-photo.co.jp/lens/macro/50_28.htm

価格.comの基地外が集う場所はコチラである
http://kakaku.com/item/10505011306/



IMG_3063.jpg

Sigma 50mm macroはメーカー希望小売価格は37000円であるが、
amazonで24000円くらい
レンズカバーは2300円くらいだった



IMG_3067.jpg

これが最初っから欲しいなって思っていたSigma 50mm macroである



IMG_3070.jpg

初心者に限ってマクロレンズを欲しがるとか言うらしいが、
俺の場合純粋に接写が好きだからしょうがないと言いたいが、
マクロって本来は接写って意味じゃないとかどうとか



IMG_3071.jpg

これこの通りキヤノンマウントだ



DSC08927.jpg

レンズカバーを装備しカメラにとりつけてみたの図



DSC08929.jpg

純正レンズに比べて超絶高級感に溢れてるのもそうだが、
なんかラメ入りでカッコ良いし、そして何よりEXっていうこんなロゴがとてもイカしてる。

マクロレンズを買ったらまず何より接写がしたくなるので、
俺は迷う事無く母が趣味で育てている花々を撮りまくった。



IMG_3104.jpg

アブラムシまでクッキリ




IMG_3091.jpg

みんなが大好きナデシコ
これはちょっと微妙



IMG_3100.jpeg

カメラ任せで適当に何枚も撮りまくったが、特にこのマーガレットが一番お気に入り



IMG_3180.jpg

もっと寄る事が出来る
凄いぜマクロレンズ

いずれもレタッチは一切してない。jpg圧縮率はファイルサイズの関係で90%前後。

とにかくデジタル一眼レフやレンズに関してはズブの素人なので、
そんな偉そうに感想を述べる事は出来ないので軽く言うと、
ありとあらゆるサイトでも述べられている通りオートフォーカスが甘いなーって思った。
なーんか思ったトコロにピントが合わないのはきっと俺が総てカメラ任せにしてるせいだと思う。
のでこれからは絞りだのシャッタースピードだの何だの、
色々自分で設定してマニュアルで撮れば良いんだと思う。
あと純正レンズと比べ、AFでピントを合わせる時のレンズの音がウィーンウィーンうるさい。
だからこれはどうせフィギュアとか全く動かない静物を近づいて撮るんだから、
MFで撮る事が出来ればパーフェクトなんだろうと思う。
純正レンズが200gと軽いのに、Sigma 50mm macroは320gとちと重い。
たった100gちょい違うだけでこんなに重く感じるモノかとビックリであり、
改めてレンズキットが初心者向けにして非常に完成度が高い事が分かった。

と、色々感想を述べてみたが、花をスゲェ勢いで近づいて撮って速攻で思った事は、
「こりゃマジで買って良かった!」って事だった。
マクロレンズを付けて色々なモノに近づいてアップで撮るのが極めて楽しい。
純正レンズだとこんなに近づいて撮る事が出来なかったし、
まあそれでもそれなりに近づく事は出来たのだが、
やっぱりマクロレンズにはかなわない。
スナップも適当に撮ってみたけど、これもまた中々に絵になる。
マクロで近づいて撮った周りのボケも良い感じ。
知っての通りフィギュアに近づいて色々な角度で撮るのが好きな俺としては、
被写体から1cmまで近づく事が出来るこのレンズを買ってマジで良かったと思った。

マクロレンズを買った事で、もしかしたら俺のRICOH R7はお役御免になってしまうかも知れない。
でもR7で接写の楽しさを知ったし、そういう意味では本当にこのコンデジも好きだ。
これからフィギュアを撮るのにマクロをつけたX2が中心に成ると思うが、
R7も良い感じに残していきたい。
っていうのは建前でR7に傷がそれなりについてるし、こりゃ売れねーなーって思うだけだけどね。

マクロレンズを買った事で、いい加減レンズとカメラの保管場所が気になるようになってきた。
次はヨドバシで2000円くらいのカメラバックを買って、
そん中に防湿剤でも入れてとりあえずの保管用にしたいって思ったわけだが、
まずは三脚に雲台も必要だしと、本格的にまだまだ次に必要になってくるものが多すぎで、
カメラにハマると本当に泥沼であると思った。
とりあえずレンズはまだ望遠は必要じゃないし、純正とマクロの2本で、
良い感じのフィギュア写真を撮っていきたいって感じだ。



IMG_2986.jpg

他にもデジイチのファイル書き込み速度はやっぱ速いほうがいいなって思ったので、
Class6のSDHC 8GB(1680円)を
あと新しいカードリーダーを980円で買った。
流石にエクストリームSDHCはちょっと無理である。

買って良かったマクロレンズ。
やっぱデジタル一眼レフは手を出すべきじゃないと言う事を今現在身を持って感じている。
何故ならカメラ関連で欲しいモノが多すぎて金が幾らあっても足りないからである。
というわけでコンデジ画質に満足している人はコンデジで止めておくべきである。
レンズ代の24000円があれば、ちょっと前までリコーのR10を買う事が出来たし、
やっぱカメラを趣味にしちゃうのも金食い虫なんだろーなーと思う。
色々な方面に多岐に渡って金ばっか掛かる趣味が多すぎでどーなってんの俺ーって思った。

タグ : SIGMA マクロレンズ 50mm macro 接写

コメント

多趣味っていいよな

いいなこれ、虫撮ってくれよ虫。
フィギュア撮るなら念入りに掃除しないと埃とか乾いた体液とか余裕で写っちゃうな

相変わらずどうしようもなく下手糞な写真だな
デジ一でしかもレンズまで換えてどうしてこんなクソ写真しかとれないんだお前
普通に疑問だわ

↑もう少しオブラートに包めよw

あれだよね、
ピントが甘いのはPCに直結してデカい画面で確認しながらだとラクだよ。

つーか安物のフルマニュアル撮影できるコンデジがやっぱ最強じゃね?
つまり俺のDSC-H7最強じゃね??

確かに、キャメラは金がかかるな。
フィルム代、現像代。。。
レンズなんかいくらあっても足りんわ(涙)

レンズだけで万単位もするとはカメラも結構金がかかるもんですね。自分はコンデジでも満足なんで違いがようわかりません。
あとこんまえのiphoneの記事どう凄いかようわかりました。買わんけど。

最近更新無いですけど生きてますか?

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。