スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺とGIMPフォトレタッチスーパーテクニック2007

さて俺程のデジタルスチルカメラというデバイスを超最強に使いこなしてるプロともなるとアレですな
なんていうかぶっちゃけると超最強に超綺麗で超初心者向けで超簡単なデジカメたる
俺の600万画素数を誇るDSC-W50で撮った超最強に綺麗すぎて発狂したくなる写真をですな
フォトレタッチといいますかそーいうソフトを用いて超最強に綺麗に撮れちゃった写真をですな
最強に綺麗で高精細で素敵で誰もが夢中になり振り向きざまに踏み潰されるくらいキレイに
そんな風に写真加工ソフトを用いてそこそこ綺麗に編集したかったりしますな
さてそんなときに僕ほどのプロが使っているソフトっていうのはフォトショップCS2でして
いえ、買うと糞高いのでウソですが、まあぶっちゃけるとフリーソフトのGIMPで十分だったりします

このフリーソフトのなかで抜群に使い勝手が良すぎて発狂しそうになるGIMPというソフトは
俺がおよそ1年以上前から細々と始めた壁紙作成の時から使っていたりするわけですが
要するにフォトショップにも負けないくらいの超高性能ってことでお馴染みですな
ですが俺程のプロともなるとぶっちゃけぶっちゃけるとフォトショなんてーのは
ぶっちゃけ超カンタン!フォトショップでこうすればキレイに絵が描ける!みたいな本の付録のしか
使ったことが無いというわけでして、ぶっちゃけ2回くらい起動させただけで終わったんで
俺的にはどっちが優れてるのかなんて皆目理解出来ないのですが、
まあフリーソフトのワリには結構いい感じに仕事出来ますヨと
そーゆーわけであります

DSC00198.jpg


っていうわけでこんな超素敵な本を見つけてしまったので速攻で購入
名前を言いますというと「GIMPですぐデキる!フォトレタッチスーパーテクニック2007」
だったりしますな
かく言う俺は去年もこのシリーズの2006のヤツを購入しておりまして
俺程のプロともなるとやはり一秒でも長く写真の画像編集や
壁紙作成に全力を注いで居たかったりしたりしなかったりするので、
やはりこの本はなんとしてもゲットしてGIMPを超最強に極めなければならなかったりするのです

っていうわけでこのGIMPは結構中々いい感じに使えますよ
まず何が凄いかってーとペイントとは比べ物に成らないくらいの超性能ですよ
ぶっちゃけぶっちゃけると色々とマジで紹介しきれないくらいヤバいっすよ
これ一つで素材の切抜きから合成させたり画像をよりキレイに編集したりして
壁紙も1枚2~3時間くらいあれば中々いいのが作れたりしますよね
まあ最近は僕も壁紙は余り作っていないというか、壁紙はめったに変える事は無いので
ぶっちゃけぶっちゃけるとそんなに作る必要が無かったりしまして
ある特定の周期になるとデスクトップカスタマイズが滅茶苦茶したくなったりして
そーいう時期になったら嬉々として壁紙を作ったりするんスけど
まあそういうときに作成とか編集とか切り抜きとかで非常に便利なソフトだったりします

あとは写真を長らく展示しすぎてかなり黄ばんでしまった写真をカンタンに修整したりとか
この間も俺これやったばっかです
写真屋に持ってったら1000円掛かるとか腐った事を言われたんで、
ぶっちゃけ写真屋っつーことはフォトショップでやってるわけで
なら俺もGIMPで出来るじゃないかと思ってちょちょいのちょいっとやってたら
あらカンタンある程度キレイに補正されてしまいましたという
要するにそんな風に写真をキレイに編集したり補正したりするのにも超イカしたソフトですよね

っていう魂のバイブルGIMPフォトレタッチスーパーテクニック2007ですが
GIMPを超最強に使いこなしているアナタも是非とも新しい発見があるかも知れないんで
ゲットして3時間くらい読み耽って5時間くらい読みながら実践してみたりしてはどうでしょうか
なかなかに、結構いい感じな本だと思いますよ
書店で見たら是非とも購入をオススメ

例えば超最強にクールで素敵でイカして萌えな素材見つけたからそれで壁紙をイチから作りたくて
そんで切り抜き加工あと特殊合成とかしたりするときにもイカしたソフトですよね
あとは自分が超最強にカッコ良く撮れて誰もが羨み尊敬し熱望し雑誌に送ったら賞間違いなしの
そういう超最強で超素敵な写真を更に素敵にさせて全世界写真コンテストナンバー1になったりして
そういう風なことも可能に無きにしも非ずな感じな超最強にイカしたGIMPというソフト!
アナタも試してみてはいかがでしょうか!?

総てのデスクトップカスタマイザーとフォトレタッチャーなら使っててソンはありませんヨ!

テーマ : この本買いました - ジャンル : 本・雑誌

タグ : PC

コメント

PC新調した夏に勢いのまま買ってチョロッと何枚か書いてそのまま
単純なマウス化としていたペンタブレットひっぱってきて
GIMP新ストールした!!!!!!111
他のソフトに比べて書きやすいかも。
線が角つきにくいというか。
pixiaというやつはインターフェイスがだめだったんだよなァ。
これでペンタブ使う頻度が2%くらいあがったかな。
というかお絵かき用として普通に使うと思う。
その気になったらその本を買いましょうか。

pixiaとpictobearは僕も使ったことがありますが
なんかマッチすることが無く、
その後GIMPに手を出してみたんですがコレが中々使いやすい
しかもまあそこそこ分かりやすいとあって中々ギンプがオススメだったりします
僕はお絵かきは違うソフトでやってますね
具体的には猫ペイントって神ソフトなんですけど
今度このソフトについて記事を書いてみるとしましょう
あー
塗りはGIMPのほうがいいですね
俺もペンタブ持ってるんスよタブレット
いやあ、一時期練習してたんスけどねえ
お恥ずかしい
絶望して投げてしまった覚えが

この本はお絵かき用途の説明は全くと言っていいほど書いてありませんが、
GIMPの基本的な使い方を抑えるという点ではいいんじゃないでしょうか
お絵かき楽しいですよね
たまにやる分には結構いいものです

GIMPと言うソフト、よくわかんないのでググってみましたw
これは画像の加工、管理(?)
あと、お絵かき的な事もできちゃうよ~
って感じのソフトなんでしょうか…
フォトショップはかなり昔、ちょっと使った事あるんですけど
そんな感じみたいな雰囲気

って言うか
くわしい人って、ちゃんと本とか買ってるんだな~…
って思った。
自分の友人もくわしいのに、
なんか…本、買う必要無いんじゃない?
とか思ってたんですけど、
ちゃんと本とか買ってるからくわしいんですね…
使いこなしてやるぜ~!って言う

あ、フリーソフトだから
って所も多少あるのかしら?

俺程のプロのデスクトップカスタマイザーともなり、
俺程のプロのフォトレタッチャーともなってしまうと、
必然的に使える画像加工ソフトよろしくこういうった神ソフトは死ぬほど使いこなす必要があり、
まあそういうわけで去年のも買ったわけですが、
そういえばこの本パラパラとめくっただけでさして読んでなかったの思い出した!

ありがとうジョルノさん!
俺も読んで読んで読んで読んで詳しくなっちゃうぜーっ!!!!!1!!111

そうですねお絵かきも出来てペイントも出来て写真の画像も加工出来たり壁紙も作れたりしますね
素材から綺麗に切り取るという作業が死ぬほどかったるくて発狂しそうになるときがたまにありますが、
ソレを含め画像加工の楽しいところだなあって思った

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。